本文へスキップ

校長室から

校長あいさつ

113名の1年生を迎えて、全校児童667名で平成29年度の朝陽小学
 校がスタートを切りました。「かしこく やさしく たくましく」の学校目
 標を受けて、「心やさしく ひたむきに とりくむ子どもたち」をめざす姿
 に据えて取り組んでいきます。

  本年度の重点として、次の2点で取り組んでいきます。

1 確かな学び
 ○かかわり合いを大切に、楽しさを実感する活動を取り入れ、基礎基本の定
  着と表現力・活用力の育成を図ります。

 ○図書館やパソコン室を利用して情報を活用していく力の育成を図ります。
 ○目標をもち、体力向上を目指す児童の育成と環境整備に取り組みます。
 ○進んでコミュニケーションを図ろうとする児童の育成と異文化理解を進め
  ていきます。

2 響き合う心
 ○日常的な交流活動を通して、他者理解、自己の見返し等を継続的に行いま
  す。

 ○いじめ対策基本方針に基づいて、児童の実態把握と早期対応に取り組みま
  す。

 ○挨拶や清掃、廊下歩行等について、自己の取り組みを見返し、自分の心と
  向き合う時間を確保します。

 ○友とかかわり合いながら体を動かす楽しさを感じ取る時間を確保します。

 こうした学びや心を育成する基盤として家庭との連携で大事に考えたいことは次の通りです。

1 健康教育の推進
  
生活習慣を自ら整えていけるように支援していきます。また、メディアコ
 ントロールにかかわる学習の機会を設け生活を安定させていきたいと考えて
 います。

2 安全指導の充実
  学校周辺の道路状況は交通量も多く道幅も狭いため、交通安全についての
 指導は継続的に行っていく必要があります。危険箇所や工事箇所の情報も常
 に発信しながら家庭や地域の皆様との連携を密にしていきたいと思います。
  また、避難訓練や防犯訓練を確実に実施するとともに、災害時を想定した
 家庭との連携(保護者引き渡し訓練等)について取り組んでいきます。

3 家庭学習の手引きの推進
  家庭学習の手引きに基づき、家庭学習への支援を行っていきます。

 こうした取り組みをご家庭や地域の皆様のご支援をいただきながら推進した
いと考えています。よろしくお願いします。


長野市立朝陽小学校 校長  平野 誠


学校通信(PDF)