本文へスキップ
明日を拓く深く豊かな人間性の実現
〒 380-0905
長野市鶴賀550−2
TEL 026−226−7486
FAX 026−264−7570
Email: kyouikucenter@nagano-ngn.ed.jp



研修・研究担当
26年度から旧教職員研修室と旧教育研究室は統合されました。


研修部門    研究部門


T 研修部門
 1 研修部門の方針
  •   「長野市教育振興基本計画」の具現のために、「教職員研修体系」を基に、研修講座を構築しました。全ての研修講座は、基本方針1「教職員のキャリアステージに応じた専門性を高める研修」に基づいて企画されたものと、基本方針2「今日的な教育課題や多様なニーズに対応した研修」に基づいて企画されたものとに大別されます。「教職員のキャリアステージに応じた専門性を高める研修」は、教職員の経験年数等、キャリアステージを見直し、キャリアアップが図れるようにしました。「初任者研修」「5年経験者研修」「10年経験者研修」の経年研修や、中堅教員の実践力向上を図る研修を充実させています。さらに一昨年度より、4344才教員の「キャリアアップ研修」を開設しています。

     また、「今日的な教育課題や多様なニーズに対応した研修」では、教職員が抱く様々な疑問や課題に対応できるように多様性を大事にして幅広い研修内容になるように企画しています。

     これらの方針に基づいて、研究部門と一体となって、「研修・研究の充実」を図り、「学び続ける教師」の研修機関としての機能を果たしていきたいと思います。


 
 2  教職員のキャリアステージに応じた専門性を高める研修
(1) 経年研修
 初任者研修・2年次研修・3年次研修
    初任者(1年次)研修・2年次研修・3年次研修は、初任1〜3年目の対象教員に、教育公務員としての自覚と使命感、教育活動に必要な基礎的基本的な知識及び実践的な指導力を身につける研修を実施する。
 ○ 5年経験者研修 
   5年経験者研修は、在職5年目を迎えた教諭・養護教諭を対象に、4年間の教職経験の上に、教科指導や学級経営をはじめとする専門知識・実践力の向上を図る研修を実施する。
 ○  10年経験者研修
   10年経験者研修は、在職期間10年目を迎えた教諭・養護教諭を対象に、9年間の教職経験の上に、個々の能力適性に応じて教師として求められる人間性ならびに教科指導や生徒指導等に関する専門性を含めた力量の向上を図る研修を実施する。
   キャリアアップ研修
  キャリアアップ研修は、免許状更新講習の受講期間に該当する40歳代の教諭を対象に、教員としてのキャリアアップを考える研修や中堅教員としての実践力を高める研修を実施する。
 
(2)中堅教員研修
 

初任研、5年研、10年研、キャリアアップ研修等の指定研修と管理職研修をつなぎ、中堅教員の学校運営における実践力を身につけ、リーダー性の向上を図るために下記の研修を実施する。
学校組織マネジメント研修
学年組織マネジメント研修
教職員のためのアンガーマネジメント研修

災害から身を守る防災教育  
教育実習を活用したOJT型研修
学力向上を目指して@AB

 
(3)管理職研修

新任校長研修
新任教頭研修
校長マネジメント研修
教頭マネジメント研修
市着任校長教育の情報化研修
市着任教頭教育の情報化研修
学校管理職(校長)特別支援教育研修
学校管理職(教頭)人権教育研修
市着任校長CS研修
市着任教頭CS研修

 

  今日的な教育課題や多様なニーズに対応した研修
  (一般研修 78講座

   教科等指導・授業づくり・学力向上にかかわる研修 27講座 
 各種教育課題や教育情勢に対応した研修  7講座
 児童・生徒理解に基づく個別支援・学級づくりにかかわる研修  4講座
 健康・安全・危機管理にかかわる研修  8講座
 特別支援教育にかかわる研修  8講座
 教育の情報化にかかわる実践力を高める研修  22講座
 連携推進にかかわる研修  2講座
 


 
研修講座の概要

研修講座の一覧(PDF)

不明な点は、教育センター研修・研究担当までお問い合わせください。







早春の訪問者

 メジロ


 




 




早春の訪問者

カワラヒワ
 
 


早春の訪問者
 
ツグミ























ヒヨドリ
U 研究部門
 
◎教育研究の概要
 「しなのきプラン29」に基づいた研究を3つの研究委員会を設置して進める。 各研究委員会は、「知・徳・体」をバランスよく伸ばしていくという目標を具現させるために、教育の願いや課題を分析し、学力向上や指導力改善を図るための研究を推進し、教職員の資質向上に資するものとする。
 しなのき授業研究委員会

「しなのき授業スタンダード」に基づいた以下の研究と発信を行い、各校への浸透を図る。
  • 「キャリア教育」部会
  • 道徳、特別活動、総合的な学習の時間等について、キャリア教育の視点から幅広い実践研究を行い公開授業を行う。
  • 「国語」「社会」「算数・数学」「理科」「英語・外国語活動」部会
  • 学力の状況について把握し、教育課程、指導改善、授業改善等の実践研究を行い、公開授業を行う。

 活用問題検討委員会
 
  • 中学校2年生で実施する国語、社会、数学、理科、英語の「活用問題」を作成し、その活用により課題を分析して、指導改善を図る。

 学校体育・学校保健研究委員会
 
  • 全国体力・運動能力、運動習慣、生活習慣等の調査結果をもとに、「体力の向上」について研究する。
  • 調査結果や喫緊課題の分析をし、実践的研究を推進する。
  • 成果と課題をまとめ、ポータルサイトで公開する。
 
 特別委員会
 長野市モデル研究委員会
 
  • 「グローバルな視野を持ちながら、ローカルにたくましく生きる自立した18歳」を志向し、幼保小中高の学びをつなぐカリキュラム等「長野市モデル」の研究を推進する。
   
   編集刊行予定「平成28年度長野市の教育」

 
                     




早春の訪問者
 メジロ

 長野市教育センター沿革

 54.12.14 「長野市総合教育センター建設基本構想」について、同建設委員会から答申 
 57.4.1  長野市教育センターが完成し、「長野市視聴覚教育センター」「長野市少年補導センター」との複合施設として開館
 61.4.1  保健安全室設置
 62.4.1  教育研究室設置
 H12.4.1  教職員研修室設置
 H16.4.1  長野市少年補導センターが、長野市少年育成センターとなる。
 H17.10.11  長野市教育センター別館開設。開設に伴い別館へ長野市少年育成センターが移転。(2階一部 長野市南部中間教室)
 H26.4.1  長野市教育センター、長野市視聴覚教育センター、長野市理科教育センター、長野市教育相談センターが統合。(理科教育センターは分館となる)(本館に総務担当、研修・研究担当、別館に教育相談担当)(長野市少年育成センターは別館2階に移転)




 











ホオジロ


   
長野市教育センター組織

       
     

 




 
              教材・機器の貸し出し
教材や機器の貸し出しについては、下記の

       「長野市教育センター 教材・機器等貸し出し要領
に基づいておこないます。

(目的)
  第1 長野市教育センター備品のビデオ教材・視聴覚機器等を学校教育利用のために貸し出し、効果的な利用を推進することを目的とする。
 (貸出の対象)
  第2 教材・機器等の貸し出しの対象は次の通りとする。
   (1) 市立の学校
   (2) 所長が適当と認めたもの
(使用の申込)
  第3 DVD、VHS等のビデオ教材の貸し出しを受けようとする場合は、長野市教育用ポータルサイト内の「教材ライブラリー」の予約システムを利用し、申し込むものとする。また、視聴覚機器等の貸し出しを受けようとする場合は、電話により予約をし、使用申込書を所長に提出しなければならない。
   電話226-7486 〒380 長野市大字鶴賀550-2 長野市教育センター
(貸出方法)
  第4 教材・機器等の貸し出しは、次によるものとする。
   (1) 貸出期間は、返納日を含めて7日間以内とする。
   (2) ビデオ教材の借用、返納は原則として市(使送)便にて行うものとする。
   (3) 視聴覚機器等の借用・返納は原則として直接来所して行うものとする。
(返納)
  第5 借用した教材・機器等は期限内に返納するものとし、他に転貸してはならない。
(使用料)
  第6 教材・機器等の使用料は、無料とする。
(損傷等の届出)
  第7 使用者は、教材・機器等を損傷したときはその旨を所長に届け出て、その指示を受けなければならない。
(付則)
この要領は、平成26年4月1日から施行する。
以上