研究部門

長野市教育センター教育研究委員会

1 目的

 「第三期しなのきプラン(2021~2023年度)」と長野市の教育課題を踏まえ、共通テーマを「自学自習の資質能力の育成」とし、協働的な学びや個別最適な学びを視点に、ICTの活用を図りながら実践的な研究を推進します。
 研究委員は、自己課題を設定し、上記視点から具体的な児童生徒の自学自習の資質能力を明らかにし、その成果を「センター便り」や研究冊子「長野市の教育」で市立小・中学校に発信したり、研修講座で実践発表したり、授業動画をポータルサイトに掲載したりして市内各学校の教員研修で活用できるようにします。
 また、令和4年度は、道徳教育研究委員会を長野上水内教育会との共同研究とし、研究成果を共有するとともに、成果の普及と活用の強化をはかります。


2 研究テーマ

「自学自習の資質能力の育成」


3 研究内容

 目の前にいる一人一人のすべての子どもが「自学自習の資質能力」を育んでいくためには、既成概念にとらわれない新たな発想と取組が必要です。
(1)キャリア教育研究委員会
 既存の取組や教育活動をキャリア教育の視点から見直し、一人一人の願いを生かし、多様な人々と協働しながら自己の生き方を深める学習を体系化します。
(2)道徳教育研究委員会
 一人ひとりの子どもが自己を見つめ、物事を広い視野から多面的・多角的に考え、自己の生き方について考えを深める授業づくりを進めます。
(3)国語科、社会科、算数・数学科、理科、外国語活動・外国語科研究委員会
 ICTを活用しながら、「学びの意味を実感できる協働的・探究的な学びの充実」や「知識・技能の定着を図る学びの最適化」について自己課題に基づいた実践的な研究を進めます。
(4)学校体育・学校保健研究委員会
 各種調査結果の分析と調査結果を踏まえて、運動環境整備、体育の授業改善、健康教育の充実の3視点から研究を推進します。

4 委員会の組織及び運営

(1)委員会は、校長の推薦を得て申し込まれた教諭、養護教諭により組織する。(委員の公募)
(2)委員会の構成は、委員長(校長)、小学校委員2名、中学校委員2名、長野中1名、担当指導主事の7名を原則とする。ただし、学校体育・学校保健研究委員会では、小・中学校の養護教諭を加える。
(3)委員は、共通テーマ、委員会テーマを受け自己課題を決定し、委員会で指導・助言を受けながら年間を通して研究を深め、その一端を公開したり、成果を研究冊子「長野市の教育」にまとめ発信したりする。
(4)委員会は8回を原則(内1回は長野中公開)とするが、ビデオ映像を利用したりZoom等を活用したりしながらお互いの研究に対して助言し合い研究を深める。
(5)研究成果を教育センター便りや研究冊子「長野市の教育」で市立小・中学校に発信し各校の授業改善につなげる。「長野市の教育」は、長野市のポータルサイトに掲載し、随時閲覧できるようにする。
(6)研究委員の授業や授業動画を教育センターの研修講座で扱ったり、ポータルサイトに掲載したりして市内各学校の教員研修で有効活用できるようにする。
(7)道徳教育研究委員は、長野上水内教育会の道徳教育研究委員を兼ねる。