児童・生徒のセンター学習

小学校(市内6年生児童全員)

天文1単位時間、実験2単位時間(1単位時間80分)の3単位時間を、1日かけて学習している
1 天文学習
事前に学習してきたことをもとにして、プラネタリウムを使い「月の満ち欠け」を中心に「今日の星空」や「太陽の動き」について学習している
2 実験学習(下の8題の中から2題を選択し学習)
生物
(1)顕微鏡で植物や微生物を観察しよう
(2)でんぷん液をつくり、それにだ液を入れ、その働きを調べよう
物理
(3)てこの仕組みやはたらきを調べよう
(4)電気を作り出して、利用してみよう
化学
(5)ものが燃える前後の空気の中の酸素と二酸化炭素の割合の変化を調べよう
(6)酸素の作り方を知り、その性質を調べよう
(7)いろいろな水溶液の性質を調べよう
地学
(8)たい積岩や化石について調べよう
(天文学習)月の満ち欠けや星の動きや当日の星座を調べよう
内容の詳細はこちらへ
児童の声
  • リトマス紙の色が変わらないものがあったので、予想外だった。汁の色は、中性が変わらなくて、アルカリ性が青くなって、酸性が赤くなると思っていたけど、緑色になったり黄色になったりしたのでびっくりした。この実験をしていろいろなことが分かったのでよかった。
  • 地層は、海に入ってなくて自然にできるものだと思っていたけれど、今日の勉強をして海とか水に入っていなくてはできないものだと分かった。岩石には、色々な種類があるのも分かった。岩石には、水に入れるとくずれる石ややわらかくなる石があるなんておどろいた。
  • 三つの勉強をしました。一つ目は電気です。豆電球やモーター(プロペラ)を速く回したり、ゆっくり回したりしました。どれが長持ちするのかとかがわかってよかったです。実験が楽しかったです。二つ目は岩石です。地層がなぜ縞模様なのか、堆積によってできた岩石にはどんなものがあるか、調べました。やわらかい石やおもしろい形の石がありました。三つ目は月と星です。「月はなんで形や位置が変わるのか」「月は輝いているのか」「春に出る星座は?」と勉強しました。月がなぜ形が変わるのかがよくわかりました。白いボールを使った実験がわかりやすかったです。最後の星座がすごくきれいでした。どの勉強もわかりやすく楽しい授業になりました。

小学校(市内4年生児童)の希望校

プラネタリウムを通して太陽の1日や1年の動き、月の動きや形、星の明るさや色、星座等について学習している

中間教室

各教室や学校の希望により実験と天文の学習を行っている

希望による学習

希望により、中間教室、クラブの理科学習を行う


前の画面に戻る