長野市立長野高等学校
 市立長野HOME>市立長野Q&A
Q1.総合学科とは、どのような学科ですか?
Q2.「単位」とか「単位制」って、何ですか?
Q3.「市立長野」の総合学科の特色は何ですか?
Q4.「産業社会と人間」とは、どんな授業ですか?
Q5.「市立長野」の総合学科には、どんな「選択科目」がありますか?
Q6.「市立長野」の総合学科に向いているのは、どんな生徒ですか?
Q7.総合学科では、学年やクラスや行事はあるのですか?
Q8.1年次の授業はどんなふうになりますか?
Q9.2年次以降の選択科目は、いつ、どうやって決めるのですか。
Q10.校則はどのようになっていますか。
Q11.総合学科から大学進学はできるのですか?
Q12.進路目標がはっきりしていない場合はどうですか?
Q13.工事はいつすべてできるのですか?
Q14.難関大学に進学できますか?
Q15.部活動はどんなことをしていますか?
Q16.授業料や学校徴収金について教えてください。
ページトップへ
○総合学科 ○単位制 ○系列 ○特色について

Q1.総合学科とは、どのような学科ですか?

A1.総合学科は、普通科と専門学科(商業科・家庭科など)の枠をこえた新しい学科です。「総合学科」とは、自己の適性に気づき、自分の進路をしっかり考えて、その希望進路の実現を目指して、たくさん用意されている選択科目の中から科目を主体的に選択できるというところに特色がある単位制の学科です。

Q2.「単位」とか「単位制」って、何ですか?

A2.「単位」とは、科目についての学習時間の量を表す尺度です。ある科目を、週に1単位時間(50分)、1年間(35週)にわたって学習し、その学習の成果が認められると、「1単位」が修得できます。 「学年制」を採用している学校では、原則としてその学年で学んだ全ての科目の単位を修得できないと、次の学年に進級できません(1科目でも単位不認定があれば留年となるしくみです)。  「単位制」とは、1年ごとに進級するのではなく、学校が定めた単位数以上の単位を修得し、特別活動の成果が認められれば卒業できるしくみのことです。単位制は留年がない反面、自分をしっかりと律することが求められます。

Q3.「市立長野」の総合学科の特色は何ですか?

A3.「市立長野」は、男女共学、総合学科(単位制)のメリットを最大限に活用し、深く豊かな人間性の育成と個に応じた学力の向上を図り、生徒一人ひとりの進路希望を実現します。主な特色は、以下の通りです。
  ○体育・芸術・家庭・商業・情報・福祉・看護に関する専門科目を開設 
  ○少人数授業・習熟度授業 
  ○部活動
  ○大学・地域との連携 
  ○国際交流

Q4.「産業社会と人間」とは、どんな授業ですか?

A4.この科目は、総合学科の1年生が必ず学ぶ科目です。総合学科は多くの選択科目を設置しているので、科目を選択する場合、自分を見つめ自分の将来を考えて、高校卒業後の進路目標を明確にすることが必要になります。この授業の中で、大学の学部・学科や将来の職業について調べたり、地域の第一線で活躍している社会人講師の話を聞いたり、インターンシップやボランティア活動に参加したり、さまざまな体験的な学習を通して自己の適性を見きわめ、自分の進路希望をはっきりさせ、2・3年次の選択科目の選択ができるようにします。

Q5.「市立長野」の総合学科には、どんな「選択科目」がありますか?

A5.「市立長野」の総合学科は、8つの「選択科目群」を設けて、たくさんの科目を用意しています(ただし、農業や工業の専門科目は用意していません)。各群の選択科目は、大学受験対応の文系・理系の普通科目から、情報・家庭・商業・福祉・体育・芸術・英語などの専門科目まで、豊富に用意されています。次の8つの選択科目群の中にある科目を、群の枠を越えて選択できます。
   ○人文に関する科目群
   ○外国語に関する科目群
   ○理学に関する科目群
   ○社会学に関する科目群
   ○芸術に関する科目群
   ○スポーツに関する科目群
   ○生活に関する科目群
   ○情報ビジネスに関する科目群

Q6.「市立長野」の総合学科に向いているのは、どんな生徒ですか?

A6.自分の個性と能力を伸ばし、夢を実現したいという意欲のある皆さんの入学を待っています。 「市立長野」は、決められたレールの上を決められた時間通りに走ればゴールに到着するという従来型の高校ではなく、自分でレールを敷いて自分で時間を計って走らないと卒業というゴールに到着できない、いわば主体性のない人にとってはきびしい制度である単位制の高校です。
ページトップへ
○学校生活全般 ○学習形態等について

Q7.総合学科では、学年やクラスや行事はあるのですか?

A7.同じ年度に入学した生徒は同じ年次集団であり、クラス(ホームルーム)があります。クラスにはもちろん担任の先生がいます。また、毎日SHR(ショートホームルーム)があり、クラス全員が集まります。1年次から2年次になる際、クラス替えを行います。学校行事は、クラスマッチ、文化祭などがあります。

Q8.1年次の授業はどんなふうになりますか?

A8.1年次は基礎的な学力をつけるために、「国語」「数学」「英語」などの普通教科の必履修科目を中心に学習します。クラスごとの授業が主で、時間割もほぼ固定されています。なお、「数学」「英語」の授業は、習熟度別・少人数授業です。

Q9.2年次以降の選択科目は、いつ、どうやって決めるのですか。

A9.進路希望が違えば、選択する科目も違ってくるのは当然です。1年次の「産業社会と人間」の授業を通して、自己を見つめ自分の将来の進路に関する学習をしっかり積んで、11月頃までに決めていきます。自分の進路希望をかなえるためにはどのように科目を選択したらよいのか、将来なりたい職業に就くためにはどんな学部に進学したらよいのかなどの細かいことについても、担任の先生や係の先生を中心に個別相談に応じます。また、各種進路ガイダンスや進路相談の機会を設けて、進路に関する充実した相談体制を整えます。

Q10.校則はどのようになっていますか。

A10.挨拶や服装・頭髪などの身だしなみについては、高校生活の基本であると考えています。基本的な生活習慣の確立という堅固な土台の上に、個性や能力の伸張という立派な建築が可能になります。そこで、充実した高校生活が送ることができるよう、基本的な生活習慣について十分に考慮した規定です。
ページトップへ
○進路 ○センター試験 ○就職について

Q11.総合学科から大学進学はできるのですか?

A11.もちろんできます。「市立長野」の選択科目群の中には、大学入試に対応する科目をはじめ、受験に必要な普通科目を用意しています。その他に、情報・商業・家庭・福祉などの専門科目も用意します。総合学科は進路希望に応じて科目を選択できるので、大学・短大・専門学校進学等、多様な進路希望に対応できます。

Q12.進路目標がはっきりしていない場合はどうですか?

A12.中学3年生の段階で、高校卒業後の進路目標はまだよくわからないという人は多いことでしょう。「市立長野」では、1年次の「産業社会と人間」の授業などを通して、自分の適性を理解し、将来の進路を考えて、高校卒業後の進路目標が定められるようにします。自分の進路目標が決まらないと2年次の科目選択ができないことになります。自分の進路目標を見つけたいという強い目的意識が必要になります。
ページトップへ
○体験入学などで質問が多かった内容について

Q13.工事はいつすべてできるのですか?

A13.23年度春、すべての工事が終了し、完成しました。なお、プールは市立長野高校にはありません。

Q14.難関大学に進学できますか?

A14.総合学科高校である市立長野は、1年次の「産社社会と人間」という科目の中で、一人ひとりが自分の将来を真剣に考え、それぞれの目標を持つように指導します。そしてその夢の実現のために2年次から多くの選択科目から、進路にそった時間割をつくります。進路希望に配慮した講座編成の授業のほか、土曜日補習や夏期合宿・補習などをとおしてしっかりサポートします。ただ、1番大切なのは目標を実現しようという本人の意思と実行です。

Q15.部活動はどんなことをしていますか?

A15.部活動の練習内容や練習時間などを知りたい方がたくさんいました。高校の部活動は練習内容や時間は部活動によって大きく違います。特に運動系は中学時代とくらべると時間的にも体力的にもかなりきつくなります。部活動に対する皆さんの期待もさまざまでしょう。  本校では、市立長野の誕生とともにサッカー部、スピードスケート部,男子バスケットボール部も発足しました。野球部については広いグラウンドが必要なため、当面の間、つくる予定はありません。部活動の内容については、部活動のページをご覧ください。

Q16.授業料や学校徴収金について教えてください。

A16.本年度の授業料及び学校徴収金は、別表のとおりです。
      別表 授業料及び学校徴収金(PDFファイル)
ページトップへ

Copyright(C) Ichiritsu Nagano High School All Rights Reserved.