二千年蓮(心の池)

校章

昭和26年、大賀一郎博士が千葉県検見川泥炭層の中から発掘した二千年前の蓮の種子が発芽成長したもので、永遠の命を今に伝えて夏美しい花を咲かせている。

昭和33年通明中学校へ大賀博士をお迎えしてお話をお聞きしたのを機会に、先生からその根を分けていただき、さらに篠ノ井東中学校へ移したものである。