学校長よりご挨拶

こんにちは、篠ノ井西中学校長の西澤道生です。
本校のホームページへようこそ。

本校は昭和41年4月1日に「篠ノ井市立西中学校」として開校。昭和41年10月16日、長野市との合併により「長野市立篠ノ井西中学校」と校名を変更し、四年前の平成17年には創立40周年を迎えた歴史と伝統ある中学校です。
学校は茶臼山を望む自然豊かな地域に位置し、全校658名の生徒たちが勉学とスポーツに励み、挨拶の声が響き合い、素直な心を持って何事にも一生懸命取り組む学校です。
学校目標は「人権を尊び 自らが高いめあてを持って たくましく生きる 生徒の育成をめざす」を掲げています。
校長の願いとしては、学校目標との連携を図りながら、長野市の教育大綱にある「敬愛の心」を育む教育活動を進め、生徒の深く豊かな人間性の実現をめざす中で、個々の生徒が生かされ「一人一人が輝く学校」になることを願っています。
具体目標として、次の三つを揚げて取り組んでいます。
(1)礼儀正しく、人の気持ちを大切にする生徒
(2)自ら学び、すすんで発表する生徒
(3)ねばり強く、集中してやりぬく生徒
具体的な取り組みやめざす生徒の姿は、下記のとおりです。
(1)礼儀正しく、人の気持ちを大切にする生徒
  • 挨拶が響き合う学校。地域でも、挨拶のできる生徒の育成。
  • 思いやりの心を持ち、相手の立場に立って考えられる生徒の育成。
(2)自ら学び、すすんで発表する生徒
  • 職員が教材研究を深め、感動や活動を伴う授業を創造。
  • グループ活動等、生徒同士が関わり合う授業の構築。
  • 自分の考えを自ら発表し、深め合う生徒の育成。
(3)ねばり強く、集中してやりぬく生徒
  • 自己を見つめながら、無言で清掃ができる生徒の育成。
  • 生徒会では、
    @自らの役割を責任持って行う。
    A創意工夫しながら、学校を変えるほどのエネルギーを持って取り組む。
    B地域からも信頼される生徒であり、生徒会に。
  • 部活動では、日々の練習に粘り強く取り組むとともに、「一流の選手になる前に、一流の中学生であれ」を合い言葉に、節度ある学校生活に心がけ、何事にもあきらめず取り組む生徒の育成を図る。
先生方は、やる気と情熱を持ち、責任感・使命感に燃えながら日々の教育に取り組んでいます。その結果、学校が落ち着き、地域からも生徒の挨拶の素晴らしさや地域での取り組みの良さを認めていただく声が届いています。
これからも、さらに「信頼される学校」、「信頼される生徒の育成」をめざして、取り組んでいきたいと思います。今後とも篠ノ井西中学校へのご支援、ご協力をどうかよろしくお願いいたします。

各種お知らせ

事務室からのお知らせ

篠ノ井西中学校いじめ防止等のための基本的な方針

篠ノ井西中学校では、ひとりひとりの生徒が安全に充実した中学校生活を送ることができるよう、いじめ防止等を目的に、本方針を策定しました。
>>詳細はこちらをご覧ください!

学校生活のサポート

学習成績や進路、友達関係など、様々な不安をかかえながら生活するのが中学生。学校には、スクールカウンセラーの先生など、相談できる人や場所が準備されています。困ったときには一人で悩まず、気軽に相談してみましょう。
なお学校以外にも、長野市の教育相談センターが、生徒や保護者の皆様の相談に応じたり、支援を行っています。こちらも併せてご利用ください。
>>詳細はこちらから!