合い言葉:あした また 学校で あおうね

 昨年度からお世話になっています 小林寛二(こばやし かんじ)です。
 よろしくお願いします。

 赴任しての出会いの時、校長の夢として,次の言葉を投げかけました。
○「日本一 なかよしになろう」 
 この「なかよし」の実現は、実は簡単なようで大人にも難しい。なかよしが簡単にできるなら戦争などとっくのうちにこの世から消えているはず。いまだに地球上から戦争の火が消えたことはない。残念なことです。
 だからこそ、この徳間の地から実現に向けて頑張ってみたい。皆さん力を貸してくれますか。徳間小の子ども達は、まず徳間小学校から実現しようと立ち上がってくれました。今児童会が中心になって,具体的な活動を進めています。
 活動を進める上で大切なこととして2つを示しました。
 ☆できることは 何でもじぶんでやってみよう (行動目標)
 ☆されていやなことは 相手にもやらない (自律目標) 
 平成28年度はこれらの具体的な活動が実を結んでいくものと期待し,今から楽しみにしています。どうか、徳間小学校のこの取り組みをご覧いただき、声をお寄せください。今年1年少しでも前進した子供の姿を紹介していきたいと思っています。

○徳間小学校の学校教育目標(目指している子どもの姿)
「ともに輝き 明日を拓く 徳間の子」
 ☆ともに輝き・・人も自分も大事する
          「己の欲せざるところ 人に施すことなかれ」 
          自分のいいところを見つけ自信を持つ
          どの子にも安心できる居場所がある
          自分もみんなも、ともに伸びる

 ☆明日を拓く・・できることは何でも自分でやってみる
          勉強や運動に励み、折れない心、社会のルールを身につける

 学校目標の実現に向けて,職員一同、保護者や地域の皆様と足並み揃え一歩一歩進んでまいります。そして開かれた学校、明日も来たくなる学校にすべく努めてまいりたいと思います。ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

グランドデザインへ